よくある質問 : プラザキサ

用法・用量

プラザキサカプセルを一包化して処方することはできますか?

本剤は吸湿性があるため、本剤を一包化することは避けて頂くようにお願いします。
「本剤は吸湿性があるので、服用直前にPTPシートから取り出すよう指導すること。」(14. 適用上の注意、14.1.2 )

<引用>
プラザキサ 添付文書

プラザキサカプセルのカプセルを外して服用することはできますか?

カプセルから出して服用しないでください。 本剤の内容物(ペレット)をカプセルから出して服用した場合、カプセルのまま服用した場合と比べて血中濃度が上昇するおそれがあります。また、本剤は吸湿性があるので、無包装状態では安定性が著しく低下します。

プラザキサカプセルを簡易懸濁法で投与することはできますか?

簡易懸濁法による投与はお勧めできません。
簡易懸濁法による溶解性、安定性、チューブへの吸着性は検討しておりません。
脱カプセル後の薬物動態データより、本剤は簡易懸濁法には適さないと判断されました。

プラザキサカプセルを上手く飲み込む方法はありますか?

本剤の上手な飲み方として以下の方法をご案内しています。
(1)水をコップ1杯分用意します。
(2)PTPシートからとりだしたカプセルと、水を口に含みます。
(3)あごを引いて*、水と一緒に飲み込みます。
*プラザキサカプセルは水に浮きます。あごを引くと、口の中の水に浮いた状態になり、水と一緒に飲みやすくなります。
(4)残りの水を飲んで、胃の中にしっかり入れて下さい。

<引用>
プラザキサ 服薬カレンダー/上手な飲み方(20枚綴り) 資材コード:012426

なぜ、プラザキサカプセルの用法・用量は1日2回となったのですか?

国際共同第Ⅲ相試験(RE-LY試験)において1日2回投与で有効性および安全性が検証されたことから、1日2回投与となっています。

RE-LY試験の用量は、第II相試験の結果から設定されました。第II相試験のデータ解析において、150mg1日2回投与の出血の発現頻度が対照のワルファリンと同程度であったこと、また一般的に1日1回投与と比較して1日2回投与では血漿中濃度のピーク/トラフ比は小さく抑えられることができ、次の投与までの間で安定した抗凝固作用が得られると考えられました。

<引用>
申請資料概要 2.7.3 臨床的有効性 2.7.3.4.1第Ⅲ相試験の用量選択の根拠

ワルファリンからプラザキサカプセルへの切り替え方法は?

ビタミンK拮抗薬(ワルファリン)からプラザキサに変更する際は、PT-INR2.0未満の場合は当日にプラザキサの投与を開始し、PT-INR2.0以上の場合はPT-INR2.0未満が確認されたのちにプラザキサの投与を開始してください。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書
プラザキサ適正使用のポイント

第Xa因子阻害剤からプラザキサカプセルへの切り替えのタイミングは?

第Xa因子阻害剤(経口剤)から本剤へ切り替える場合は、第Xa因子阻害剤(経口剤)の次回投与予定時間に本剤の投与を開始してください。
尚、第Xa因子阻害剤の投与量にかかわらず、本剤投与前にクレアチニンクリアランスをご確認頂き、値に応じて減量してください。

<参考>
・リバーロキサバン及びエドキサバンは1日1回投与の第Xa 因子阻害剤(経口剤)です。最終投与から24時間後に本剤の投与を開始してください。
・アピキサバンは1日2回投与の第Xa因子阻害剤(経口剤)です。アピキサバンの最終投与から12時間後に本剤の投与を開始してください。

<引用>
プラザキサ 適正使用のポイント p35 第Xa因子阻害剤からプラザキサへの変更

安定性

アルミピロー開封後、プラザキサカプセルはいつまで使用できますか?

脱アルミピロー後は高温多湿を避けて保管し、出来るだけ早くご使用ください。

【適用上の注意:抜粋】
本剤は吸湿性があるので、アルミピロー包装のまま調剤を行うことが望ましい。

特殊患者

周術期患者では、プラザキサカプセルの休薬が必要ですか?

添付文書上、以下の通り記載しています。
手術や侵襲的手技を実施する患者では、出血の危険性が増大するため危険性に応じて本剤の投与を一時中止すること。可能であれば、手術や侵襲的手技の24時間前までに投与中止すること。完全な止血機能を要する大手術を実施する場合や出血の危険性が高い患者を対象とする場合には、手術の2日以上前までの投与中止を考慮し、従来の抗凝固療法と同様に代替療法(ヘパリン等)の使用を考慮すること。また、手術後は止血を確認した後に、本剤の投与を再開すること。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

妊婦へのプラザキサカプセルの投与は可能ですか?

添付文書上、妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。と記載されています。
また、動物実験(ラット)で胎児に移行することが認められています。

<参考>
ダビガトランのヒト血漿蛋白結合率は、in vitroで28.2~31.5%であった。
14C標識ダビガトランエテキシラートを投与した動物実験(ラット)において、胎児及び乳汁への放射能移行が認められている。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

小児へのプラザキサカプセルの投与は可能ですか?

添付文書上、「通常、成人には」と記載しております。小児等を対象とした臨床試験は実施しておらず、小児に対する有効性及び安全性は確立しておりません。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

高齢者にプラザキサカプセルを投与する場合の注意点はありますか?

高齢者への投与については、出血の危険性を考慮し、投与の適否を慎重にご判断いただくようにお願いします。
添付文書上、一般に腎機能が低下しダビガトランの血中濃度が上昇する可能性がある。と記載しています。
また用法・用量について、70歳以上の患者に関しては、1回110mg1日2回投与を考慮し、慎重に投与すること。と記載しています。

<参考>
65歳を超える高齢男性被験者における定常状態のAUCτ,ssは、18~40歳の健康男性被験者に比べて約2.2倍であった。若年被験者と高齢被験者との曝露の差は、高齢者ではクレアチニンクリアランスが低下しているためと考えられる。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

肝機能障害患者へのプラザキサカプセルの投与は可能ですか?

添付文書上、肝機能障害患者への投与に関する注意喚起を行っておりません。

<参考>
中等度の肝障害患者に本剤150mgを単回投与した時の総ダビガトランのAUC0-∞は健康被験者と同程度であった。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

腎機能障害患者へのプラザキサカプセルの投与は可能ですか?

添付文書上、高度の腎障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)のある患者は禁忌に該当します。
本剤は主に腎臓を介して排泄されるため、腎障害のある患者では、本剤の血中濃度が上昇し、出血の危険性が増大するおそれがありますので、本剤を投与する前に、必ず腎機能を確認することをお願いします。
また、本剤投与中は適宜、腎機能検査を行い、腎機能の悪化が認められた場合には、投与の中止や減量を考慮することをお願いします。

<参考>
軽度~高度の腎障害患者(軽度:クレアチニンクリアランス50mL/min超80mL/min以下、中等度:30mL/min超50mL/min以下、高度:30mL/min以下)に本剤150mgを単回投与した時の総ダビガトランのAUC0-∞の幾何平均値は健康被験者(クレアチニンクリアランス80mL/min超)に比べて、それぞれ1.5倍、3.2倍及び6.3倍高くなった。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

授乳婦へのプラザキサカプセルの投与は可能ですか?

添付文書上、治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。と記載しています。
また、動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが認められています。

<参考>
ダビガトランのヒト血漿蛋白結合率は、in vitroで28.2~31.5%であった。
14C標識ダビガトランエテキシラートを投与した動物実験(ラット)において、胎児及び乳汁への放射能移行が認められている。

<引用>
プラザキサカプセル 添付文書

薬物動態

プラザキサカプセルの吸収部位はどこですか?

プラザキサカプセルの吸収部位は消化管であり、それ以上の詳細は分かっておりません。

<引用>
プラザキサカプセル インタビューフォーム Ⅶ. 薬物動態に関する項目 4.吸収

よくある質問一覧へ

医療用医薬品に関するお問い合わせ

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
DI センター
TEL: 0120-189-779
受付時間:9:00~18:00 (土・日・祝日・弊社休日を除く)

お問い合わせフォームはこちら
資材のご請求はこちら (資材WEBオーダー)

当社DIセンターは、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
DIセンターでは、お問い合わせの応対品質の維持・向上のため、通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
お客様からいただいた個人情報の取り扱いは、当社の「プライバシーポリシー」に準じます。
なお、弊社製品をご使用中に体調が悪くなられた患者様、ないしはその主治医の先生から、いち早くご報告を承るために、夜間休日の窓口を開設しております。
夜間休日窓口 TEL: 0120-189-232